FC2ブログ




TOP > カテゴリー [エネルギー ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【エネルギーに関するカスどもの思惑】 【論説】「シェールガス」バブルの崩壊は目の前、日本のエネルギーが危ない…藤 和彦

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/17 17:36:09

★「シェールガス」バブルの崩壊は目の前、日本のエネルギーが危ない
2014.01.17(金) 藤 和彦

「シェールガス掘削想定外れ、大阪ガス290億円損失」
名称未設定-302013年12月21日、日本経済新聞は、開発ラッシュに沸く北米地域のシェールガス事業で
日系企業が大規模な損失を出した初のケースを報じた。

大阪ガスが米国テキサス州南西部のシェールガス鉱区の権益を330億円で取得したが、 3300メートル以深の地層に難があったため、現在の掘削技術では経済性に見合った量を 確保できないことが判明したのである。

大阪ガスは同年5月に米国で初めて認可された日本へのシェールガス輸出プロジェクトに
参画するとともに、2012年6月に日本企業としては初めてシェールガスに対する直接投資を
行うなど、日本のシェールガス開発事業で中心的な役割を演じてきた。大阪ガスは今後も
鉱区を閉鎖せずに生産・販売を続ける意向だが、日本国内では今後開発リスクを巡る懸念が
高まるだろう。

◆採算が合わないシェールガス採掘事業
苦境に陥っているのは日本企業ばかりではない。2013年10月、ロイヤル・ダッチ・シェルは
240億ドルを投じた米国のシェールガス事業が失敗に終わったことを認めた。英BPなどもすでに
21億ドルの評価損を計上しており、「不良鉱区」をつかまされた海外のオイルメジャーの間では
シェールガスブームは一気に冷え込んでいる。

その要因は極めて簡単だ。シェールガス自身は実は決して安い化石燃料ではないからである。
>>2へ続く

※全文はソースで
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39682



スポンサーサイト
[ 2014/01/17 20:00 ] 時事 エネルギー | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。