FC2ブログ




TOP > カテゴリー [チャイナコリア領アメリカ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【「デフォルト(債務不履行)】 債務上限 対立再び 「27日期限」米政府危機感 - 議会は来週半ばから二十四日まで事実上の休会 - 東京新聞2014年2月9日付

名称未設定-19rfef【ワシントン=斉場保伸】米財政をめぐる与野党対立の火種が再びくすぶり始め、予断を許さない情勢となっている。米財務省のルー長官は七日、議会の与野党幹部に書簡を送り早急に「債務上限」を引き上げるよう要請。しかし、下院で多数を占める野党共和党側はすんなりとは認めない動きを強めており、議会が混乱する懸念が強まっている。

 米国債を持っている人への借金返済などができなくなる「デフォルト(債務不履行)」を回避するため、特別措置を発動したことを明らかにしたルー氏は書簡で危機を訴えた。納税者への税金の還付時期に入ったこともあって手元資金の減りは相当早い。早期に与野党合意を得て新たな国の借金を可能にする債務の上限を引き上げなければ、米国が信用を失い、世界的な金融市場の動揺を招きかねないからだ。

 昨年十月に債務上限を「人質」に強硬姿勢で与党民主党に対抗した共和党。しかし、オバマ政権を十七年ぶりの政府閉鎖に追い込んで混乱を招いた結果、国民の批判を浴びて支持率が急落した経緯がある。それだけに、共和党のベイナー下院議長は六日の記者会見で「米国債がデフォルトすることは望んでいない」と述べるなど、一見波乱はないように見えた。

 しかし、期限が切れる七日になっても債務上限を見直す動きは具体化せず、政府は危機感を強めている。というのも、十一月の中間選挙を前に、共和党内では少しでも有利な条件を引き出そうという動きがここに来て強まっているからだ。

 焦点となるのが、小さな政府を志向する共和党が求める「歳出の削減」だ。ロイター通信によると、共和党は現在、債務上限を引き上げる際の見返りをどうするかの戦略を検討中。ライアン下院予算委員長は「医療費支出の増大など、見過ごしにできない」と述べた。環境への影響が問題になっているカナダとの国境を結ぶパイプラインの建設を政府に認めさせるというアイデアまで浮上している。

 議会は来週半ばから二十四日まで事実上の休会。ルー氏は非常措置対応の限界は二十七日との見通しを示しており、審議に残された時間が少ないことも、事態を混迷させかねない要因となっている。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014020902000107.html

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。