FC2ブログ




TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 読みねえ│日本人の心構え > 【まとめ】 TVメディアなどの広告収入総額について (継続加筆記事)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【まとめ】 TVメディアなどの広告収入総額について (継続加筆記事)

テレビイメージ1




・「広告収入」について考えてみたい。


日常に当たり前のあるもの(無料で供給されているもの)にも金銭がつきまとう。
TV、ラジオ、ウェブ(動画サイトyoutubeやツィッター含)・・・じつはすべて「広告収入を間接的直接的に主な収入源」としていることはご存じだろう。

細かくは…
新聞は購読料と広告費(チラシ含)によってなりたっている。
ウェブ新聞も+購読料というスタイルがある。
※ これに新聞媒体は戦後から、大衆を動かす意味で政府や諸々の背景があるが割愛

このように「広告収入」とは、現システムにおいては、情報を発信するTVマス・メディアに必要不可欠であり直結する案件だということが分かる。

ところで、「まとめサイト」も同じく広告収入で成り立っている事はご存じだろうか?

これらは、広告提供者がアフィリエイト・プログラムを提供する広告企業であるアフィリエイト・サービス・プロバイダ(以下、広告企業)に依頼して広告を出す場合と、eコマースやサイバーモールなどインターネット上で商品やサービスを提供する企業ないし、それら電子商店のシステムを提供している企業そのものが設置している広告形態の2種類に大別される。 - Wikipedia -



上記の説明のように他企業の収入形態と、大雑把にほぼ同じスタイルである。
※ もし「広告」で成り立ってないならば、思想団体、宗教団体などがスポンサーになっているサイトもあると見た方が賢明

だが、既存のマス・メディアは、日本国民に公益とならない情報ばかりを垂れ流す。
特ア在日公害マスゴミと罵られているように、「国益を著しく損ね、大衆を小馬鹿にし、カルト団体、在日による反社会洗脳や秩序、モラル破壊、カネ儲けばかりでまるで使い物にならない」と言われている。


マスメディア(mass media)は、新聞社・出版社・放送局など特定の発信者から、不特定多数の受け手へ向けての情報伝達手段となる新聞・雑誌・ラジオ放送・テレビ放送・インターネット・ブログなどのメディア(媒体)である。マスメディアにより実現される情報の伝達(コミュニケーション)が「マスコミュニケーション」である。 - Wikipedia -


これに代わるシステムが「まとめサイト」だと思ってくれたらいいのではないだろうか。

紐付けで、考えて欲しいのは「明らかに反社会勢力と化したマスゴミの年収はいったい幾らだろうか?」。
増長し、現在も腐敗し続け売国機関に成り下がり公害情報を発信中www

対して、「2shまとめサイト」などは、隠蔽してきた組織犯罪を暴いてきたように、国民にとって有益な双方向、情報伝達手段と言われている。
だが、これを妨害するために反社会勢力、反社会的在日、カルト組織、または「白痴バカ」により、「カネ儲け」と意味不明なレッテルを貼る書き込みがあるようだ。

日本国民に有益ならば、もっと国民が活用し運営者は、カネを儲けばいいのである。

このような情報と、正当性を言語化してもっと広めることが必要だと幣ブログは考える。

勿論、「マスゴミと同じ勢力が運営している反社会的まとめサイトもある」ことはお忘れなきように。

※ 公害TV、マスゴミの収益を、とてつもなく減らす事が必要(我々の大衆消費 → 広告)

このサイトも広告収入を得られるならば、情報媒体として機能のチャンスを得たということだ。
ならば多少奮起して役に立つ内容も打ち込んでみたい。
※ これにプロマガ(課金)など、定期購読という形式を著名人が取っているように、この収入システムも国民に開かれている、もちろんyoutube動画でも同じシステムが採用されている


この記事は随時更新をして追及をしていきたい。

広告収入 advertising revenue
媒体社が広告を掲載、放送することで得る収入。新聞社、雑誌社では、この広告収入のほかに販売収入によって企業経営が行われている。民放ラジオ・テレビ局における収入の大部分は広告によるものである。

メディア [media]
手段。方法。媒体。特に、新聞・テレビ・ラジオなどの情報媒体。




広告収入金額


情報媒体とは、国民がその情報を元に右往左往するわけであり
使うか「使われる」かは別にして「社会生活全般における貴重な材料」。
※ コードネーム「ポダム」は有名ですが、体制のプロパガンダとしても使われます

これに資本が絡むと、スポンサーの思惑などが番組などに影響をしてしまう。
また、株式というシステム採用により、カネによる支配で、これまた株主によって情報伝達傾向(体制)が変化する。


NHKはなぜ「国営テレビなのか?(じつはふりをしているだけでの「公共放送」」という点や
「では現在、正常に機能しているのか?」という問題についてものちほど取り扱っていこうと思っている。
※ 背後は例のところとつながっているという情報もいずれ言及


それでは、はじめようか・・・
と思ったが・・・数年前の情報がいま手元にない。
前にWeb検索で、すこし引っ張り出した情報を貼っておくか。


<転載開始>

1.テレビのCM料金
 スポットCM1本の基本の長さは15秒である。その放映料金の相場は次の通りである。
 
   (1回15秒放映するテレビのCM料金)
              =8~15万円 × 視聴率
 もし視聴率が15%であれば、たとえば
      15万円 × 15 = 225万円
のCM料金がテレビ局に入ってくる。わずか15秒1回限りの放映で約200万円である。なかなかの金額といってよい。料金が視聴率によって変わってくるのだから、テレビ局が視聴率の変化に敏感になるのも頷ける。
 60分番組では15秒のCMが24本流される。時間に直すと6分である。
したがって、1時間のテレビ局の収入は
     225万円 ×24本 = 約5000万円
となる。
さらに、CMを流す番組を指定する「タイム」の料金は、「スポット」より格段に高い。これ らの条件を勘案すると
     1日のCM収入  = 約  8 億円
     1年のCM収入  = 約2900億円
となる。ちなみに、日本テレビの1年間の収入は2800億円であるから、上記の金額はだいたい当たっているのであろう。
2.CM制作費
 1本(15秒)の制作費は平均5000万円くらいだと聞いたことがある。もちろんこれはタレントに払うギャラによって大きな差が出る。
 堺市にある引っ越し会社の場合、ずっと専属のタレントさんを使い、そのタレントさんもこの会社のCMで有名になった恩義があるのでずいぶん安く出演してくれ、1000万円くらいで製作しているとT社長から伺ったことがある。 タレントさんとの契約は1年である。
 この会社の場合、年間300億円の売上の約1割にあたる30億円を宣伝に使い、そのうちの半分はテレビコマーシャル、残りの半分は折り込み広告や電話帳の広告に使っているという。2003年に聞いた話である。
 タレントがもらうテレビCMの出演料は、CM1本あたりいくらくらいなのか。ネットで検索していたらたまたまヒットしたサイトがあったので紹介しておく。データは2004年度版とちょっと古いが、相場を知るには参考になるだろう。
   名前   出演料金
  松井秀喜     1億2千万円
  明石家さんま、中田英寿、ビートたけし、吉永小百合     1億円
  キムタク      9000万円
  長嶋茂雄 、所ジョージ      8000万円
 藤原紀香
 
     7000万円
 
3.新聞の広告費
 新聞の1ページ全面広告の料金はいくらくらいか。料金は基本的には発行部数に比例する。おおざっぱに言って、
    読売新聞 1000万部(世界最大の発行部数)、
    朝日新聞   800万部(世界第2位)
  毎日新聞   400万部(世界第3位)
  産経新聞  190万部
である。4大紙 (読売・朝日・毎日・産経)の1ページ全面広告の料金は約2 000万円~4000万円 といわれる。日本経済新聞の広告料は1850万円と聞いた。発行部数が約300万部であるから、そんなものかもしれない。産経新聞は発行部数から考えると、もうすこし安いかもしれない。

<転載終了>

転載元 : 
http://sakura.canvas.ne.jp/spr/h-minami/gensya-CMryoukin.htm




広告収入情報1




某TV局に勤務していたPがぶっちゃけていた動画があったが、
一日に動く莫大な金額から、みんな感覚がオカシクナルラシイ。

「ツィッター上場について」の情報が出ている。
今回はこれを貼ってから打ち込み完了。



米ツイッター上場申請 時価総額1.5兆円超予想も
2013年9月13日 夕刊
 【ニューヨーク=共同】短文投稿サイトの米ツイッターは十二日、米証券取引委員会(SEC)に株式上場を申請したと発表した。広告収入増に向けた事業拡大の資金調達が狙い。公式アカウントの「ツイート(つぶやき)」で「上場計画についてSECに非公開で書類を提出した」と明らかにした。

 上場の時期や調達金額は公表していないが、昨年五月に上場した交流サイト最大手の米フェイスブックに続き、新興IT企業の上場として注目を集めそうだ。上場時の時価総額は百五十億ドル(約一兆五千億円)を上回るとの見方もある。

 利用者が投稿するツイートに交じって表示される企業広告を主な収入源としており、米調査会社イーマーケッターの推計によると二〇一三年の売上高は約五億八千三百万ドル。米国では年間売上高十億ドル未満の企業は、申請時には上場計画の詳細を明らかにする必要がない。米メディアによると、米金融大手ゴールドマン・サックスが主幹事となる見通し。

 ツイッターは〇六年に米国でサービスを開始、急速な成長を遂げ、世界で二億人を超す利用者を抱える。

 <ツイッター> インターネット上の短文投稿サイト。利用者は世界で2億人超。「(鳥が)さえずる」という意味の英単語「ツイート」に由来した名称で、目の前で起きていることや、社会情勢の感想などを140文字以内で「つぶやく」ように気軽に投稿できる。写真や動画も掲載可能。米国などでは官庁や政治家が公式発表の場としても幅広く利用。日本でも公人の意見表明や、自治体の情報発信などに利用が広がっている。手軽さの一方で、軽率な発言や虚偽の情報、俗悪な画像が出回る事例も増えている。








関連記事




コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ggnetasoku.blog.fc2.com/tb.php/3-4ee15b64



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。