TOP > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 読みねえ│日本人の心構え > 【特集:韓国朝鮮特有の「火病(ファッピョン)」とは?】 アメリカ合衆国の精神科協会において、1996年に文化依存症候群の一つとして登録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【特集:韓国朝鮮特有の「火病(ファッピョン)」とは?】 アメリカ合衆国の精神科協会において、1996年に文化依存症候群の一つとして登録

火病火病(かびょう、ひびょう、ファッピョン、朝: 화병)もしくは鬱火病(うっかびょう、うつひびょう、ウラッピョン、朝: 울화병)は文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、朝鮮民族特有の精神疾患と指摘されている病気

元来は環境要因による風土病と考えられてきたが、近年では遺伝性の自律神経系の疾患であることや、発症者は脳の欠陥があるとも言われている。
韓国の会社員の35.2%が、好ましくない上司と後輩を見た時に、火病になる。





火病または鬱火病は、怒りの抑制を繰り返すことでストレス性障害を起こす精神疾患を指す。

アメリカ精神科協会では、火病を朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つとして精神障害の診断と統計の手引きに登録している。

引っ込み思案で弱気な40代以上の女性の間で多く見られ、原因としては家族間での諍いなどの個人や家庭に起因するもの、貧困や苦労などの社会経済的な問題に起因するものなどがあり、それらを解決しようにもうまくいかないことによる諦め、怒り、悲しみなどが原因となる。

かつては患者の80%が女性だったが、近年は男性の患者も増加傾向にある[4]。2012年現在、韓国の小・中・高校生648万人のうち105万人(16.2%)は、うつ病の兆候や暴力的な傾向を示す「要関心群」で、そのうち22万人は、すぐに専門家の診断や治療を受けるべき「要注意群」であることが分かっている[5]。

英語表記はHwabyung[2]であるが、Hwapyungと紹介されている場合もある。現在韓国で行われているローマ字表記(文化観光部2000年式)では「화병」は「Hwabyeong」である(なお、旧方式(マッキューン=ライシャワー式、北朝鮮では現在も使用)では「Hwapyŏng」となる)。これは、ハングルでの綴りが화병または홧병であるが、実際の韓国語の発音が화뼝(文化観光部2000年式:Hwappyeong、マッキューン=ライシャワー式:Hwappyŏng)であり、韓国語表記自体が実際の発音と表記にズレがある事とローマ字表記法の統一が普及していない事によるものである。
日本語の表記としては「ファビョン」が一般化しているがこれは誤読によるもので「ファッピョン」がより現地音に近い。


※ コメント
驚かされるのが、上述資料のように「火病(ファビョン)」がある。

日本社会において、明らかに私たちとは異なる民族性を持っていることを自覚していただきたい。
たとえば、様々な原因を起因要素とする「サイコパス」のような精神構造を有するものがいることを実感しているだろう。

良心の異常な欠如
他者に対する冷淡さや共感のなさ
慢性的に平然と嘘をつく
行動に対する責任が全く取れない
罪悪感が全く無い
過大な自尊心で自己中心的
口の達者さと表面的な魅力



日本国内で現在まで起こってきた組織犯罪からも、「私たち日本人が理解することが出来ないものがいる」ことをそろそろ認めた方がいい。

そうでなく能天気お花畑ならば、骨までしゃぶられるだろう。
※ 「外国人参政権」や「人権擁護法案(差別利権、反日在日による国家権力を悪用した言論統制)」「表現規制を口実にしたマンガアニメの日本文化破壊」なども推し進めようとしていた

現在までの行動様式に観る「嘘をつくこと、騙すこと」をなんとも思わない精神構造、日本を乗っ取ろうとしてきた異常さ、幼少より粘着して反日を洗脳してきた思想教育からも「日本がおかれてきた危機感」が窺えるのではないだろうか。



さらに、ウジや在日汚染されたマスゴミは、日本人を「白丁」などの奴隷にしようと侮蔑をしてきたと言われている。
「民衆の人権を蹂躙搾取していた兩班」のイメージに、いまだに固着し、なんとそれは日本国内でメディアを悪用し巧妙に使用していると暴露もされた。
※ 検索をすればすぐに記事や画像も出る

この「中国への服属李氏朝鮮 兩班」は差別を作り出す階級的な朝鮮悪習の一つである。
この資料も簡単だか貼っておく。


差別をするヤツラは、それを隠すため「偽善を語り」「反社会組織を作り」「差別を利権にして叫ぶ」という構造。

また真実を告発してきた心優しい日本人を「精神異常」「精神疾患」と貶める、工作員もいることを確認している。
これは「火病」に起因、若しくはそれを自覚している為の裏返しの反応なのかもしれない。


マスゴミや芸能界、カルト創価 統一協会、在日ヤクザの状況や反日朝鮮(特ア)が、日本社会を蝕んできたように、反社会的活動を国内で行っている。

この性質から改善はできないものと見た方が賢明だろう。
日本人(特に女性)の暮らしの安全のために早急に「帰ってもらう」ことが必要ではないか。

※ 朝鮮韓国の男尊女卑、検挙だけでも日本の約10倍といわれる強姦率の異常さを見ればその民族性や、それに至る歴史的背景が分かる。「トンスル」もなぜ?あるのだろうか?(中国の食人の背景も調べていただきたい) 李氏朝鮮も既知であるが貼っておく。
食文化は、その人間を構成する重要な要素。「唐辛子」の食べ過ぎには注意が必要だと考える。 ここまでの考察が必要だと考える。

李氏朝鮮における白丁と賤民

高麗時代までの朝鮮では、白丁は中国、日本と同じく無位無冠の良民を指す言葉であった。しかし李氏朝鮮の時には「백정」(ペクチョン/ ペッチョン)と呼び、七般公賤(官奴婢、妓生、官女、吏族、駅卒、獄卒、犯罪逃亡者)八般私賤(巫女、革履物の職人、使令:宮中音楽の演奏家、僧侶、才人:芸人、社堂:旅をしながら歌や踊りで生計をたてるグループ『男寺党』、挙史:女連れで歌・踊り・芸をする人、白丁)と言われた賤民(非自由民)のなかで最下位に位置する被差別民を指す言葉になった。1423年、屠畜業者などに対する差別を緩和するために彼らを白丁と呼ぶようにした。だが良民は彼らを「新白丁」と呼びながら相変らず差別し続け、徐々に「白丁」は賤民のみを指す言葉になった。

起源については大別して神話説と異民族説と政治犯説などが唱えられている。異民族説は高麗に帰化した中央アジア系の韃靼族が政治の混乱に乗じて略奪を繰り返したことや、低位の扱いを受けていた朝鮮族などが差別を受けるようになったのが白丁の起源であるとされているという説である。

朝鮮半島で白丁が受けた身分差別は、以下のようなものである。

族譜を持つことの禁止。
屠畜、食肉商、皮革業、骨細工、柳細工(編笠、行李など)以外の職業に就くことの禁止。
常民との通婚の禁止。
日当たりのいい場所や高地に住むことの禁止。
瓦屋根を持つ家に住むことの禁止。
文字を知ること、学校へ行くことの禁止。
他の身分の者に敬語以外の言葉を使うことの禁止。
名前に仁、義、禮、智、信、忠、君の字を使うことの禁止。
姓を持つことの禁止。
公共の場に出入りすることの禁止。
葬式で棺桶を使うことの禁止。
結婚式で桶を使うことの禁止。
墓を常民より高い場所や日当たりの良い場所に作ることの禁止。
墓碑を建てることの禁止。
一般民の前で胸を張って歩くことの禁止。



これらの禁を破れば厳罰を受け、時にはリンチを受けて殺害された。その場合、殺害犯はなんの罰も受けなかった。白丁は人間ではないとされていたためである。

白丁は大抵、都市や村落の外の辺鄙な場所に集団で暮らし、食肉処理、製革業、柳器製作などを本業にしていた。白丁と常民の結婚は許されておらず、居住地域も制限された。また、高価な日常製品の使用も禁止されていた。農業や商業に従事することは禁止されていたが、李氏朝鮮中期になるとこの規制は緩み、農業などに従事していた者もいたようである。一方、国の管理に属さない化外の民であったため、戸籍を持たず税金や軍布(徴兵の代わりに収める布税)なども免除されていた。奴婢が国により管理されていたのとは対照的である。支出や行動が厳しく規制される反面、本業による手数料などを得ることができたことや、両班階級が財産を没収することすら忌み嫌ったため、李氏朝鮮時代に繰り返し行われていた庶民に対する過酷な財産徴収なども受けず、李氏朝鮮の中では唯一資本蓄積が可能な階級だったとも言われている。

1926年の朝鮮総督府の統計調査によると、当時の朝鮮半島の白丁は8211世帯、3万6809人にのぼる。職業の内訳で最も多いのは獣肉販売業で27.8パーセント。これに屠畜、製革、製靴など牛に関係する一連の職業をあわせると48.8パーセント。農業が25.2パーセント。柳器製造が10.6パーセント。飲食店や低級旅館の経営が5.8パーセントであった。
日本統治下における身分解放

李氏朝鮮の時には免賤と言われる白丁階級からの解放もあったが、滅多に行われなかった。甲午農民戦争の時に農民軍は差別撤廃を主張したこともあった他、高宗時代の甲午改革の後、身分制度が廃止されながら白丁の身分も消えて国家官吏になる者も現れたが、差別は相変わらず残った。

1909年に日本政府によって韓国統監府が設置されると、戸籍制度を導入することで、人間とは見なされていなかった姓を待たない白丁を始めとする賤民にも姓を許可し、身分差別を撤廃した[3]。また、身分開放された白丁も学校に通うことが許可された。これに対して両班は認めないとして抵抗活動を繰り広げたが、日本政府はこれを断固として鎮圧した。通名も参照のこと。しかし履歴書などに身分を記入するようにして、戸籍上白丁は一般人と区別されるなど差別は消えなかった。1923年に白丁差別解消のための朝鮮衡平社が作られ、日本の水平社と協力して身分差別解消の運動を行っていた。だが共産主義と連関したと疑って弾圧したり、解放運動家を「新白丁」と呼びながら侮辱する事もあった。



火病についての一つのソース:

1980年代末のアメリカ。ある精神科診療室で医師が首を振っている。韓国人の患者が尋ねて来たが、まったく病名が分からなかったからだ。「胸が息苦しくてたまには痛くてひりひり痛むこともあり、お腹の中に火の玉があがってくるようでもあって、全身から熱が出るような感じ」だというが、内科に行って見たら身体にはどんな異常もない、と言うのだ。

アメリカ人医師は結局、両手をあげてしまい、韓国人患者はさらに切羽詰って胸をつかみながら病院を出なければならなかった。しかし、同様な症状の患者が繰り返し訪れ、92年に初めて米医学界に報告され、96年には米精神科協会の精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM-IV)に精神疾患の一種として公式登載された。その病気の名前が『火病』だ。英語でも私たちの発音のまま‘Hwabyung’と書き、特に韓国人にだけ症状が現われるという。

DSM-IVには「韓国人にだけ現われる珍しい現象で不安・鬱病・身体異常などが複合的に現われる怒り症侯群」と規定されていると言う。隣りの日本にも中国にもない病気がどうして我が国にだけあるのだろうか。悔しくてしょうがないが、一方ではまたうなずかざるをえない。つきつめて見れば、そんなこともあるということだ。火病は、ストレス発散ができずに起きる病気だ。それで、従順で良心的で責任感が強くて感情をよく抑える内気な人々に発生しやすいと言う。過去の火病患者の80%が女性だったのもそのためだ。

長年の歳月、家父長的マッチョ(macho)社会と家庭でずっと耐えて暮して来たのだから無理もない。ところが、このごろは男性患者が大きく増えていると言う。日々に劣悪になる勤務条件の中で上司と部下に板ばさみになる苦痛を他人に打ち明けられずに、一人でうんうん苦しんだら真っ黒に焦げるしかない。小学校の時から受験地獄を抜けて、塾を走り回らなければならない子供達も安全地帯にない。

火病で病院を訪れる患者は、共通して長い間押えつけられて来た悔しさと怒り・諦め・敵がい心・劣等感などを表現すると言う。そして、自分がどれくらい大変な暮しをして来たのかを専門家に充分に打ち明けるだけでも治癒効果があると言う。この意味で見れば、地球上で精神科診療が一番必要な国が我が国という話になる。

ところで、我が国では精神科診療を受ければ、それがまるで前科の記録のように残って、円滑な社会生活を邪魔する足かせになっており、開いた口が塞がらない(本紙11月8日付け11面)。精神科診療を受けて‘精神行動障害’と判明すれば「Fコード」(訳注:国際疾病分類(ICD)の第5章「精神および行動の障害」をさす)の烙印を押されて保険加入や就業などに不利益を経験するというのだ。

このごろ子供達に少なくない過剰行動障害(ADHD)は言うまでもなく、不眠症、神経性頭痛、小児たちの夜尿症もすべてFコードに分類される。新しい職場に適応が下手でも(適応障害)、多くの人の前に出る時、言葉が震えても(不安障害)すべてFコードだ。専門医と何回か相談すれば治る、このような症状が前科の記録(?)として残るなら、恐ろしくて隠れて病気を育てるような話になるしかない。

少なくともいつ裂けるかも知れない火病因子を抱いて暮す私たちは、それではだめだ。元気な人でも定期的に専門医の相談を受けるのがインフルエンザ予防注射のように思われる風土にしなければならない。それでこそ身も心も元気な社会になる。そうせずに火病を隠して育てて来たのが私たちの「恨ハン)」ではなかったのか。

イ・フンボン論説委員

ソース:中央日報(韓国語)[イ・フンボンの時々刻々]火病とFコード
http://healthcare.joins.com/master/healthmaster_article_view.asp?contCode=011000&total_id=2945064



※ 基本資料として更新記事

関連記事




コメントの投稿






トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ggnetasoku.blog.fc2.com/tb.php/47-575b7cc4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。